一般的な外資系転職の道

外資系企業への転職に成功して働いている人や今まさに転職に挑戦している人は一般的にどのような道を歩んでいるのでしょうか。外資系を目指す人たちの転職活動のやり方がどのようになっているのかについて確認しておきましょう。

経理の転職をする時は経験者が優遇される

経理の転職の場合、即戦力になりうる人材を求めている会社が多いのが特徴なので経験者が優遇されやすくなります。

外資系転職でのヘッドハンティング

専門の転職エージェントを使う人も多い

転職エージェントを使うなら求職中のサポートに注目しよう

外資系転職の方法には、社会生活の中で自分で築いた人脈を頼るだけでなく、専門の転職エージェントに求人紹介をお願いするという選択肢もあります。特に、外資系とは無縁の会社に勤めていた人は、特有の社員の評価制度や昇進昇格の仕組みについて独学で理解しにくいため、いち早く転職エージェントのプロのアドバイザーに相談をすることがおすすめです。また、転職エージェントのサポートは、企業によって違いがありますが、すぐに転職先を決めたい人は、面接のコツやエントリーシートのテクニックを丁寧に教えてくれるところを選びましょう。大手の外資系企業とのコネクションがある転職エージェントの中には、需要が高い資格を持つ人や一つの職種の経験が豊富な人を対象に、非公開求人の紹介を行うこともあります。

転職エージェントを通じて適性のある職種を知ろう

外資系専門の転職エージェントの中には、転職希望者のために無料で適性診断を行ったり、色々な職種のメリットとデメリットについて説明をしたりするところが少なくありません。そこで、外資系企業で自分に向いている職種を知りたい人は、個別のサポートに定評がある転職エージェントに会員登録をすることがおすすめです。一般的に、営業や事務などの職種の経験が豊富な人は、外資系に転職をした後も力を発揮できるケースが多いため、転職エージェントにお世話になりながら、社風や業務内容などにこだわって求人選びをすることが大事です。一方、企画職やマーケティング職については、それぞれの外資系企業の方針によって働き方が大きく異なるため、慎重にお目当ての企業の特徴を調べましょう。